Hello World観ました

ご訪問ありがとうございます。シンガポール在住 あやこです。

9歳長女と5歳次女、二人が観たいと言うもので
昨日(10/24)から始まった映画Hello Worldを Vivo CityのGVで観て来ました。

ん?? 量子力学? デジタルの世界のファンタジー?
とにかく、抽象的な概念過ぎて 難しかった。
低学年以下のお子さんにはお勧めしないかも。。。
ちなみにPG13でした。

ただ、金曜19:00だったからか、大人のシンガポーリアンで満席状態ではありました。
映画自体の評判はどうなんだろうか。不明。

でも、ちょっと感じたことがあったので、
すかさず娘たちには 伝えたい事を つぶやく母。

見えている世界が、どれくらい 自分の意思・自分のフィルターに 影響されているものなのか。
見えている世界が、どれくら不確実なものなのか。

世の中は、見える世界が2-3割で、見えない世界が7-8割あるんだって (←数字うる覚え)
だから そんな世界を表現したのかもね。
「世界は自分が作ってるんだ」って言葉があったけど
本当に 自分の思いや意識や言葉が 見えないエネルギーとなって
自分の思う通りの世界を作るらしいよ。
良い(ポジティブな)思いや言葉を 発していこうね。

そんな言葉を、9歳と5歳に 残しましたが
はて、どこまで 伝わっているやら。

でも、やっぱり 母子で映画を楽しめるようになったのって最高。
沢山 観たいのがあるようなので、12月の魔の4週間Holidayで是非 消化していきましょうー。
(ちなみにシンガポールは 映画代 ¥1,000ちょっとで安いです。)

次はAdams Familyかなー。



タイトルとURLをコピーしました